カードローン審査では携帯代の滞納に注意

カードローンを申し込んだところ、まったく理由もわからずに審査に落とされてしまった、などという人がいます。

債務整理などの大きな金融事故も経験したことがなく、しかも現在、きちんと安定収入があるにもかかわらず、です。
そうした人は、携帯代金の支払いについて思い出してみましょう。

カードローンの金利の情報収集がもっと楽になります。

電気代や水道代、税金や奨学金の返済などは、どんなに未納が続いても信用情報機関には未払い情報が載りません。
しかし、どういうわけか、携帯代金の未納の履歴は残り、カードローンなどの審査でひっかかってしまうことがあるのです。

カードローンの比較は支持されています。

これはいったい、どういう理由なのでしょう。

携帯電話を購入する際、本体の支払いを分割にするのが普通になっていますよね。


この分割返済金は、月々の携帯代と併せて請求されることになります。

実は、この請求金額のうち、本体の分割返済分だけ、クレジット契約になっているのです。

販売店に分割で払っているわけではないのです。



形態の販売店は、通常、クレジット会社を兼任しています。

分割払いの時は、自動的にクレジット払いの契約を結んだことになるのです。


携帯を購入するときは、そんな説明はなかったという人もいるでしょうが、契約書などとどこかには小さな文字できちんと書かれているのです。


そのため、学生時代に滞納していた携帯料金の履歴が信用情報機関に残り、社会人になってから、カードローンのみならず、住宅ローンなどの審査にも落ちてしまうことがあるのです。

携帯電話の料金だけは滞納しないように注意しましょう。